トリプルフレッシュのトップへ 住江織物のトップへ
  empty サイトマップ ENGLISH
トリプルフレッシュ トリプルフレッシュⅡ 身近な環境問題 開発者の声 商品紹介
トリプルフレッシュのカーテン・カーペット
トリプルフレッシュⅡとは?
消臭のメカニズム
ペット臭
ホルムアルデヒド
タバコの臭い
生活臭
消臭効果
安全性
洗濯後の消臭効果
進化し続ける技術
資料集
パンフレットPDF
ペット臭
犬や猫とお住まいの方にこもりがちなニオイを分解します
ペット臭化学吸着分解機構
最新の測定器で実証
ペットの体内から出る油脂分やタンパク質が分解されると、さまざまな悪臭が発生します。それらへのトリプルフレッシュⅡの消臭効果は「におい識別装置 FF-2A」で測定。臭気濃度(臭気指数)が減少することを確認されました。

<試験方法> 原臭:モニター(犬・7才・オス)2週間使用敷布(1m2)を20Lサンプルバックに入れ臭いを採取。一部を別の2Lサンプルバックに移し、トリプルフレッシュⅡ加工布と未加工布を入れて消臭試験を開始。
ペット臭の消臭試験
におい識別装置FF-2A
従来、人の感覚で相対的にしか表現できなかった「ニオイ」の強さや質を、絶対的な数値で表現することができる最新の測定装置。10個のにおいセンサで、あらかじめ9種類の基準ガスを測定し、サンプルガスとの類似率で表現することで、ニオイの強さと質を表します。

人による官能試験も実施
5段階評価でペット臭に対するトリプルフレッシュⅡ加工布投入後のにおいを比較。未加工布に比べ、ニオイの強さが低減し、トリプルフレッシュⅡの消臭効果が体感できることを証明しています。

<試験方法> 原臭:モニター(犬・7才・オス)2週間使用敷布(1m2)を20Lサンプルバックに入れ臭いを採取。一部を別の2Lサンプルバックに移し、トリプルフレッシュⅡ加工布と未加工布を入れて消臭試験を開始。
時間ごとに、4人のモニターが臭いを嗅ぎ判定する。モニターの平均値をグラフ化した。
ペット消臭官能試験

ペットの臭いを軽減します
におい識別装置による測定では、ペット臭の質を6種の基準カテゴリーと比較。トリプルフレッシュⅡ加工布で処理した後では、ペット臭に効果を発揮していることが証明されます。
臭いの質の変化(臭気寄与)
<試験方法> 原臭:モニター(犬・7才・オス)2週間使用敷布(1m2)を20Lサンプルバックに入れ臭いを採取。一部を別の2Lサンプルバックに移し、トリプルフレッシュⅡ加工布と未加工布を入れて消臭試験を開始。15時間後の測定データ。
系統別においのイメージ
におい識別装置は、酸化物半導体センサーで基準カテゴリーガスのサンプルガスへの寄与度もしくは、類似比率で表現しており、必ずしもその種類のガスが含まれるというわけではありません。
prevnext

Copyright© Suminoe Textile Co., Ltd. All rights reserved.               ホームページ利用規定